よもぎ蒸しっていったい何?よもぎ蒸しについて分かりやすく解説

「よもぎ蒸しという言葉を聞いたことはあるけど何のこと?」という方は少なくないでしょう。今回は、よもぎ蒸しの効果や実際の流れを分かりやすく解説していきます。気になる注意点も紹介するので、すぐに挑戦することができますよ。よもぎ蒸しを検討している方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

1. よもぎ蒸しとは?

ここでは、よもぎ蒸しとはどんなものなのかを解説していきます。よもぎの効能や、よもぎ蒸しの歴史も解説していくので、正しい知識を身につけることができますよ。

1-1.よもぎ蒸しってどんな仕組みなの?

よもぎ蒸しは、よもぎ葉や薬草ハーブを煮立てることで発生する蒸気を、下半身を中心とした体全体に吸収させることで体調を改善する韓国伝来の民間療法です。粘膜から吸収することで、内臓組織や子宮内部まで幅広く浸透させることができます。

1-2.よもぎについて

よもぎ蒸しに使用される「よもぎ」は、食用としてのイメージを持っている方が多いでしょう。よもぎには、鎮痛・美肌・造血・抗菌・血行促進・止血・整腸作用・免疫力の向上などの多くの効能があります。よもぎ蒸しで体内に取り込む蒸気にも同様の効能があるので、体調を改善することが期待できるのです。

1-3.よもぎ蒸しの歴史

よもぎ蒸しの歴史はとても古く、韓国では600年以上前から民間療法として行われていました。さらにその起源までさかのぼると、約1300年前の中国で世界三大美女とも言われる「楊貴妃」が、初めてよもぎ蒸しを行ったとされています。

2. よもぎ蒸しはどんな効果がある?

よもぎ蒸しの効果といえば、多くの女性が悩んでいる冷え性の改善がスポットライトを浴びがちですが、ダイエットや病気の予防にも繋がるので、よもぎ蒸しの効果は計り知れません。ここでは、よもぎ蒸しの効果をそれぞれ詳しく解説していくので、しっかりと確認していきましょう。

2-1.冷え性の改善

よもぎ蒸しでは、体の内部に蒸気を浸透させることができるので、体の中心から温めることが可能です。そのため、血流が良くなり手足の先々まで血液が行き届きます。血行促進は、冷え性の改善に大きく繋がるので、よもぎ蒸しで得られる効果として代表的に紹介されることが多いです。

2-2.デトックス効果

よもぎ蒸しをすることで、血行が良くなることや、蒸気に包まれることで体が内側から温められます。そのため大量に発汗することができ、溜まった老廃物が汗と共に排出されます。このデトックス効果をうまく利用することで、ダイエットにも大きく影響させることが可能です。

2-3.生理に関する悩みの改善

よもぎ蒸しでは子宮に繋がる粘膜から有効成分を含んだ蒸気を吸収するため、生理痛・生理不順などの悩みに高い効果を発揮します。また、生理の痛みを和らげて機能を活性化する効果も期待できますが、生理中は衛生面を考慮しよもぎ蒸しを避けた方が無難でしょう。

2-4.その他の効果

上記に紹介した以外にも、美肌効果・更年期障害の緩和・肩こりやむくみの解消など多くの効果を期待することができます。体調を整えられ病気の予防にも繋がるので、気になる方はぜひ挑戦してみて下さいね。

3. よもぎ蒸しの注意点は?

よもぎ蒸しで得られるたくさんの効果を紹介してきましたが、挑戦したいと考えている方も少なくないでしょう。しかし、注意点を分からずに挑戦することで逆効果になる可能性があります。そこで、よもぎ蒸しに失敗しないための注意点をまとめて確認していきましょう。

3-1.妊娠中もしくは妊娠の可能性がある場合

妊娠初期~安定期までの期間もしくは、妊娠の可能性がある場合の女性はよもぎ蒸しを避けた方がいいでしょう。妊娠初期に子宮を温めてしまうと赤ちゃんが反応してしまい、早産・流産の危険性が高くなります。その一方で、安定期に入るとよもぎ蒸しを「膣蒸し」ではなく、「足蒸し」で利用することが可能です。安定期によもぎ蒸しをすることで、つわり・ストレス・むくみ・肩こりなどを解消する効果を得ることができます。むしろ、産道を柔らかくして出産の準備をすることができるので、安定期に入ったら積極的に足蒸しをしましょう。

3-2.生理中の場合

生理中の場合は、初期の段階ではよもぎ蒸し(膣蒸し)を避けた方がいいでしょう。血行が促進されることで出血量が増加してしまい、貧血や体調の悪化を引き起こす可能性があります。妊娠中同様に生理中でも足蒸しは可能で、生理痛の緩和などの効果が見込めますよ。

3-3.その他の注意点

上記で紹介した以外にも、アレルギーがある・けがをしている・皮膚が弱い・高血圧・通院中(薬を服用中)の方はよもぎ蒸しを避けた方がいいです。また、サロンなどでよもぎ蒸しを検討している方は、事前に相談するといいでしょう。

4. よもぎ蒸しの流れ

ここでは、よもぎ蒸しの流れを見ていきましょう。自分で行うこともできるので、参考にしてみて下さいね。

  1. 全裸の状態でマントを着用する
  2. 穴の開いた椅子(座浴器)に座る
  3. 約40分間座った状態で蒸気を吸収する
  4. きれいに体を拭いて終了

よもぎ蒸しは元々民間療法だったということもあり、とても簡単な流れで行うことができます。もちろん座っている間はドリンクを飲んだり、うたた寝をしていたりしても大丈夫です。

5.まとめ

今回は、よもぎ蒸しについて詳しく解説してきました。たくさんの効果を得られることや、簡単な流れでできることが分かりましたね。「リフレッシュサロン癒し」では、お客様にリラックスしてもらえるよもぎ蒸しを提供しています。「よもぎ蒸しに挑戦しようかな」と考えている方は、ぜひ足を運んでみて下さい。